« ママの存在感が大きすぎて麦野くんの胸キ | トップページ | 冷たい女 »

2017年8月17日 (木)

八日目!

今日の思い切ったギャンブル予想は全て負けてしまいました。
第一
そう悪くない展開だったが、最後で追いつくことはできなかったか。
強い松商学園というのを始めて見た。
なかなかの素材が揃っており、これで1勝止まりというのは勿体ない。
8強まで行ける力はあったと思う。
今年に限らず、近年の長野は割とレベルアップしており
大体が8強くらいまで行ってもおかしくないチームが出てくる。
そのくせ籤運が悪いのか、勝負運が悪いのか、たいていは1勝止まりなのが残念。
今後も佐久長聖・上田西・松商学園を中心に良いチームが出てくるだろう。
盛岡大附は作新戦に比べたら隙が出てきたかな。
とはいえ、それでも8強は堅いチームである。
今年は遂に殻を破れるか。
第二
やっぱり馬淵明徳と言えども好投手は攻略できないことがわかった。
前育の皆川は前の試合よりも良く、3点くらい取れるかなと思っていたが
今日の出来では1点くらいしか取れなかったとしても仕方がない。
失点を3点で抑えたのは投手・守備ともベストエフォートと言えるだろう。
精一杯健闘した結果と言える。つまりは実力差での負けというわけだ。
何だかんだで、馬淵は格下相手に取りこぼさないのはさすがだが
格上を攻略することは滅多ない。いつぞや桐蔭を破った時くらいだ。
市川が残るので来年も期待できるだろうが、
そろそろ手堅いだけじゃない爆発力を持ったチームを見てみたい。
前育は今日の出来なら、桐蔭や秀岳館相手でも勝てるのではないかと思う。
今後の頂上決戦に備え、エースへの負担は軽くしておきたい。
もっとも次は打線の良いチームだから難しいのだが。
第三
終盤は木更津戦の再来かと思ったが、最後に突き放せるのが花咲徳栄の底力だろう。
花咲は打線を中心として総合的にレベルが高い。
何か突出しているわけではないが、これから連戦になってくると
それが強みになってくる。
次戦が最大の山場であるし、かなりの強敵であるが
これをクリアすると準決勝や決勝進出が見えてくるのでは。
日本航空石川は、少し期待が持てたが、最後はやはり実力差である。
格上相手である以上、仕方がない。紹介の5失点が痛すぎた。
選手層はなかなか良く、本番でも勝負強い。
木更津を倒したことで注目を浴び、ますます選手が集まるのでは。
金沢私学3強もあまりパッとしなくなったし、
日航石川が良いスパイスになれば良いと思う。
今は外人主体だが、能登の有望な中学生は金沢私学3強でなく
日航石川に集まるようになれば、県民のチームと言ってもおかしくないだろう。
個人的には割と将来性を感じる。
1勝止まりであったが、大金星を挙げたことは誇っても良いと思う。
第四
今日のギャンブル4試合で最も惜しかった。
勝機はあったどころか、普通に勝てる展開だったのに。
2失点は捕手のキャッチミスである。これがないだけでも、勝利できたのだが。
このように大事な場面で攻撃・守備ともにミスが出て致命傷になる展開が多かった。
聖光が割とチャンスをモノにしているのと対照的である。
地味ながら良い選手が集まっていて、2勝くらいして欲しかったが本当に残念だ。
宮崎はノーシードでも、これだけのチームが出てくるのはレベルが高いと思う。
この前、出たときは相手が悪かったせいか、存在感なく空気のように初戦負けで
校名がユニークな出オチみたいなネタ担当に思った人もいたかもしれないが
今回は強さを見せられたと思うし、また選手も集まってくるだろう。
そこまで補強に力を入れてないと思うので、今後の成長の余地も大きいのでは。
宮崎の学校の中で化ける可能性はあると思っている。
特に戸郷が2年生なので、来年も大いにチャンスはある。
まずは選抜、そして宮崎では何十年となかった夏連覇を目指して欲しい。
聖光はよくある接戦勝ちだったものの、内容的には相手より一枚上手で
10回やれば8回は勝てただろうと思う。
特に今回の3失点は控え先発が原因だし。
毎年、同じように安定した強さのチームを作っているように思える。
個性的だったのは歳内がいたときくらいだったかな。
だから、あまり面白くなくて応援はしていないのだが
並以下の相手とやればまず負けないという安定性は評価されるべき。
初戦敗退は滅多なく、毎年1〜2勝はするものの、そこ止まりで
今年も8強は厳しいかなと思う。どっちが来ようと次戦の相手はキツい。

« ママの存在感が大きすぎて麦野くんの胸キ | トップページ | 冷たい女 »